技術情報

開放式冷却塔の特徴

開放式冷却塔の運転原理
開放式冷却塔の運転原理

開放式冷却塔の運転原理

塩化ビニル製の充填材に被冷却流体を散布することにより、被冷却流体は充填材に沿って水槽下部に落下します。さらに、遠心ファンにより空気を上方向へ送り、充填材の間隙を通過させることにより、一部の被冷却流体が蒸発します。この蒸発する際の蒸発潜熱を利用し、被冷却流体の熱を大気中へ放出させることにより被冷却流体を冷却します。充填材の間隙を通過した空気に含まれる水滴は、冷却塔本体の上部にあるエリミネータにて空気より分離されるため、冷却塔外に飛散する水を最小限に抑えています。

開放式冷却塔の特徴
開放式冷却塔の特徴

開放式冷却塔の特徴

開放式冷却塔は、遠心ファンによる押込通風方式であり、遠心ファン、ファンモータ等の可動部品は低温乾燥の吸込空気側に配置されています。このため、これら可動部品に湿気が結露したり、寒冷地における湿気の氷結の心配がありません。開放式冷却塔は、主に一般空調、産業用プロセス冷却、製鉄・鋳物工業、製造工業、発電所、変電所、化学工業などに使用されています。また、遠心ファンを採用しているため、騒音対策や配置スペース対策、寒冷地対策、美観対策等に伴う屋内設置にも最適です。

VXT型開放式冷却塔の構造
VXT型開放式冷却塔の構造

VXT型開放式冷却塔の構造

  1. ①散水装置
  2. ②BACount(ベイカウント)充填材
  3. ③外板
  4. ④エリミネータ
  5. ⑤丸型点検口
  6. ⑥ストレーナ
  7. ⑦ファンモータおよびVベルト式駆動装置
  8. ⑧ファンシャフトおよびファン軸受
  9. ⑨遠心ファン
  10. ⑩外板
  11. ⑪インレットベーン
  12. ⑫ファンガード
  13. ⑬ファン吐出口
  14. ⑭補給水ボールタップ

技術、品質、省エネルギー性のさらなる向上に
日々努めています。

お問い合わせはこちら